単身引っ越し、お皿などの食器類はどうする?

学生の一人暮らしや会社員の単身赴任と言えども、引越し先では食器類が必要になります。
食器類はガラス製品が中心なので、丁寧に梱包しなければ、輸送中に破損してしまう恐れがあります。

 

しかし、引越しのプロである業者に梱包を依頼すれば、大切な食器が割れてしまうといった心配はまずありません。
そのため、引越し業者では、食器類も含めた小物類の梱包サービスを提供しているところが多くあります。

 

ですがクロネコヤマトの「単身引越しサービス」には、こうした食器類などの梱包サービスは扱っていません。
そもそも、単身の場合は食器類は多くないので、自分で梱包しても大した手間にはならないということから他業者でも扱いがないのが殆どです。

 

ただ、梱包のためには資材が必要になります。
もちろん、新聞紙などでしっかり包むという方法でもOKですが、割れないように梱包するには気を使うものです。

 

そこで、クロネコヤマトでは、一人暮らしや単身赴任の人のための「単身用資材セット」(3,300円)」を用意しています。
これがあれば、食器類だけではなく衣類なども簡単に梱包することができます。

「単身用資材セット」の内容は次のようになっています。

(1)ふとん袋・・・1枚
(2)ダンボールM(幅51×奥行34×高さ33cm)・・・4枚
(3)ダンボールS(幅34×奥行34×高さ33cm)・・・6枚
(4)グラスパック仕切り板・・・2枚
(5)グラスパック中敷き・・・2枚
(6)食器パット・・・20枚
(7)ビニール袋・・・5枚
(8)クラフトテープ(25m巻)・・・1本
(9)エアーキャップ(60×500cm)・・・1本
(10)荷づくりロープ(ビニールひも)(20m)・・・1本
(11)油性ペン・・・1本
(12)ワレモノシール・・・2セット(4枚)
(13)説明書(プロのアドバイス)・・・1枚

引越しに必要な資材はすべて揃っているので、これだけあれば食器類も含めた小物から衣類まで自分で簡単に梱包できるはずです。
クロネコヤマトの単身引越しサービスを依頼する際には、「単身用資材セット」も一緒に申し込むとよいでしょう。

 

梱包を自分でやる場合は?

 

管理人も当初、引越しはクロネコヤマトの単身パックに依頼するつもりでした。

 

しかし、自分で梱包をして、ゆうパックに依頼したほうが安いといことを知って自分で梱包をするようにしました。

 

さて、梱包するとは言うものの、何をどこで購入すればいいのか・・・(汗

 

そこの疑問から解決していきました。

 

結論から言いますと、100円ショップでほとんどのものは揃うということ。
とはいえ、管理人は以下のものだけで足りました。

  • 布団圧縮袋(圧縮してダンボールに入れて送った)
  • クラフトテープ(ダンボールのふたを閉じたり)
  • 油性ペン(何が入っているのか、予め書くと引越し後に便利)

 

ちなみにダンボールとプチプチ(エアキャップ)はアマゾンで購入しお皿やグラスを入れるための小さめのダンボール(100サイズ)は、ゆうパックで購入しました。
後から知ったのですがホームセンターのほうが安かったので、近くにホームセンターがある方はそこで購入したほうがよいでしょう。

 

で?梱包するのに何が必要なの?

 

自分で梱包するのに必要なものをまとめておきます。

  • ダンボール
  • エアキャップ(ぷちぷち)
  • 新聞紙(大量に使う)
  • クラフトテープ
  • 油性ペン
  • 布団圧縮袋

以上の6点を私はそろえて梱包しました。

 

 

単身引越しパックどこが安い?トップページへ